中沢健「ホビージャパン10月号」で「ゴジラ対エヴァンゲリオン」の短編小説を執筆!


発売日前までは秘密にしておりましたが、「ホビージャパン10月号」で自分が参加させていただいた企画は……ゴジラ対エヴァンゲリオンでした!

「ゴジラ対エヴァンゲリオン」という企画をやることになったので、そのストーリー(短編小説)を書いてみませんか?
―そんな福音を僕の元に届けてくれたのは、寒河江弘さん。寒河江さんが思い描いたゴジラ対エヴァのビジュアルを聞き、そこから2人でああだこうだと語り合いながらストーリーも作っていきました。ゴジラもエヴァンゲリオンも大好きなので、両者の共演でやりたいことは本当にたくさん浮かんできてしまい、ご依頼いただいた文字数に収めるためのアィディアの取捨選択が一番大変だったのですが、いただけた条件の中でやりたいことは可能な限りぶち込みました!

「ゴジラ対エヴァ」を商業誌で書けるなんて夢のようなお話はもう二度と無いんじゃないか。それだったら、止められるかも知れないけどやりたい放題に書いたプロットを提出してみるべきだと寒河江さんと僕の愛と趣味が満載のプロットを作成してみたところ、何とOKをいただき今回掲載されたストーリーを書くことが出来ました! 
東宝さんもカラーさんも度量が広い!

「ゴジラ対エヴァンゲリオン」寒河江さんが作られたディオラマの撮影の時には自分も見学させてもらったのですが、これが本当に中学生の頃から何百回と妄想してきたビジュアルがそのままカタチになったような凄い迫力で大興奮しました。

作例の記事の中で寒河江さんも言われていますが、イベントなどでこのディオラマぜひ展示希望ですよ!!
そして、僕もゴジラとエヴァの戦い、チャンスがあればこの続きも是非書いてみたい!!

……とにかく、物心付いた時からゴジラファンで、14歳の時にリアルタイムでエヴァに熱狂した僕が、こんな夢のような企画に参加できて、おめでとう。おめでとう。おめでとう。

中沢健のFacebookから引用

関連記事

  1. 『MEG ザ・モンスター』の原作小説(角川文庫)の解説を、中沢健が執筆しました。

  2. 5月7日「毎日新聞」(全国版・朝刊)に、中沢健が、寄稿しました。

  3. 中沢健が“未来”を語る! ロングインタビューが掲載の『文芸ラジオ』が発売されました。

  4. 「映画秘宝」5月号に、中沢健の「キングコング:髑髏島の巨神」レビューが掲載されます

  5. 中沢健の小説最新作「キモイマン」が2017年1月発売決定!

  6. この後すぐ中沢健がニコニコ生放送公式「月刊ガガガチャンネル vol.72」に出演!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。